タッティング1
- 2007/02/28(Wed) -

タッティングTatting)はシャトルと言われる船形の道具を使って、結び目を作りながらデザインするレース編みのひとつです。18世紀のイギリスやフランスで始まったようですが、とても繊細で編みあがるのはとても時間がかかります。

アメリカで初めてタッティグレースを知って、すぐにその繊細なレースの美しさにとりこになりました。ビーズをタッティングに編み込んで見ると、きらきらと光を受けてとてもきれいなのと、ビーズが重石となってジャグカバーとしても安定がいいのです。グラスの下にコースターとして敷いたりしても、窓辺では光を受けてビーズの輝きとレースの美しさで、より一層癒される感じがします。

私は普段使わないTea Cupにドライのラベンダーやローズなどを入れてポプリカバーとしても使ったりもしていますが、タッティングレースはいろんな使い方で、暮らしの中にハンドメイドの温かさを感じさせてくれています。

Tatting.jpg

タッティング

この記事のURL | ハンドメイド&DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<タッティング2 | メイン | ハミングバード>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ltacshadowbox.blog89.fc2.com/tb.php/9-4cb499dc
| メイン |