FC2ブログ

藍の国には青カニさんがいる。

少し陽射しも柔らかくなって、秋快晴でいいお天気だったので

初めて吉野川シオマネキ親子を見に行ってきました。

河口では豊かな自然が息づいていて、知らない生物の宝庫です。

シオマネキ  

 

カニさんも大小、沢山の種類がいるみたいです。

目当ての青カニさんは息と目を凝らしてもさっぱり見つからず、ほとんど発見できず

あきらめかけていた時、最後の1枚に偶然親子で映っていました。

右にいる小さな青カニさんは米粒大位の大きさで、シオマネキ子供です。

シオマネキ親子 

どうしてこんな色なのか不思議。不思議!でも可愛い~。

探し方も少しわかったので、又再度見に行くとカニさんは個体差がかなりあって、

ジャパンブルーだったり吉野川ブルーだったりします。

動きが早いので写真を撮るのは大変ですが、見ていると引き込まれそうになります。


fiddler crabs

 


光が当たるとカニさんは宝石のようにキラキラ輝いて、手だけ赤く光る子もいれば

体全体が紫っぽい子供もいます。どのように色が変化するのかも何故?ですが

可愛くてすぐに時間がたってしまいました。

 

自然から元気をもらったり、触発されることが多くて、発見の喜びは楽しい時間ですね。

 

FC2ブログランキングに参加しました。

応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。

バナーの上をポチッと!
squirrel_20201006122822e11.gif e_03_2020100612282482d.gif

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ