スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
もう一度行きたい!山犬嶽 パート3
- 2013/06/25(Tue) -

前回の記事より続く。


いよいよ見所へと向かいますが、もうすでに頂上までで体力を使い果たし足腰はガタガタ。

それに体中、緊張でこわばっています。

ようやく目の前に視界が広がってきました。

 

わ~、きれい~。

すごい~。

一斉に皆で感嘆符!



苔2 



神秘的な山の静寂の中、言葉が失せてしまうような光景が広がっていました。

足元も見上げる空も緑。緑。緑。

緑の懐に入り込んだようで、言葉になりません。。。。。。

体中の力が抜け写真を撮りたいのに、カメラを持つ手も震えぶれてしまって、シャッターを押しても

全然撮れません。




苔3

 


ここは水の庭園とも呼ばれているようです。

素晴らしい場所でランチ休憩だったのですが。。。。。

疲れと感動とで胸が一杯!




苔4




2日前に降った雨のお蔭で水の質感もあって、近づいて撮りたいけど。。。。。無理。

心に刻むことにしました。





苔5



汗が引くと山の冷涼な空気で肌寒くなってきました。

緑の中で言葉もなく呆然と立ち尽くしていると、木々の間から太陽の光が苔の上にスポットライトの様に
交錯して差し込みました。数十秒のドラマを見せてもらったように思えました。


 

苔6 


お名残惜しいですが出発です。

見所の裏側へと回り、少しずつ出発点を目指しての帰り道です。




苔7



私にとっては先ほどまであんなに大変だった山登りのしんどさも忘れ、心の中で「今度、もう一度来たい!」と
思いながら山を一歩ずつ降りるのでした。

道先案内人の方がいなければとても登れない山だったし、心から感謝です。
きっと場違いな初心者に合わせて、かなりのスローペースだったのでしょうね。




棚田 



「疲れと感動の山犬嶽山登り編」にお付き合いいただき、どうもありがとうございました。

山ガールの方がいらっしゃいましたら、山犬嶽山頂を目指した後、素晴らしい苔の光景を見にお出かけ下さいネ!

私は次回があるなら、きっといきなり苔の庭園を目指しま~す♪




FC2ブログランキングに参加しました。

応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。

バナーの上をポチッと!

squirrel_20130125004429.gif e_03_20130125004428.gif


この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<明日は7月 | メイン | もう一度行きたい?山犬嶽 パート2>>
コメント
-おはようございます。-
山犬嶽物語、楽しく拝見拝読させていただきました。
来年、この時期になれば、また行きたくてムズムズするはずです。
念のため、登山口を買っておきましょう。
高価なのを買う必要はなく数千円ので十分です。

蓮が咲き始めています。
7月中旬ごろ、栗林公園に行ってみてください。
綺麗な蓮を見ることができます。
その後は、満濃町のヒマワリ畑と足を伸ばしてください。
スペシャルコースです。
2013/06/26 09:29  | URL | Shino #-[ 編集] |  ▲ top

-Re: おはようございます。-
Shinoさん

コメントありがとうございます。
初めての山犬嶽、とても良かったので又行きたくなりそうです。
そうなると登山靴は必須アイテムですネ。
探しに行きま~す。

わ~。貴重な情報をどうもありがとうございます。
なるべく機会を見つけて撮りに行けたら
嬉しいなあ~。
ひまわり畑と女の子で、夏のイメージが
勝手に膨らみそうです。
2013/06/26 12:40  | URL | Hiroです。 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ltacshadowbox.blog89.fc2.com/tb.php/564-5ff4dba2
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。