タッティングシャトル
- 2007/07/31(Tue) -

以前にご紹介しましたタッティングレースですが、今回は編む道具タッティングシャトルです。シャトルと呼ばれる船形のような道具を使って、結び目を作りながらレースを編んでいきます。シャトルに糸をボビンのように巻きつけます。その後、シャトルの先端で糸をひっかけながら、結び目を作り編み進めます。シャトルの糸を芯にすると結び目は動くのですが、初心者だとシャトルの糸が動かずに間違う事が多く、結び目を解くのにとても時間がかかったりします。私もたくさんの糸を無駄にしてしまいました。

でも基本を覚えれば、シャトルと糸だけなので手軽にどこでも編めます。写真上はタッティングに小さいビーズを編みこんだチョーカーです。

タッティングシャトル

青い琉球吹きガラス、1940年頃のAnchor Hocking社 ムーンストーンシャーベットグラス、昭和頃のレースグラス、チェコ製ファイヤーストーングラスとタッティグレースのコーディネート。年代も国も違うガラス製品ですが、不思議とマッチすると思うのですが。このブルーのガラスを見ていると、暑い夏にはかき氷が食べたくはなりませんか?

タッティング
 

この記事のURL | ハンドメイド&DIY | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<せいようやぶいちご(西洋藪苺)って? | メイン | 夏本番!>>
コメント
--
素敵ですね。このレースは初めて見ました。
作る仕組みが想像できません。お教室で習うのでしょうか?
2007/08/01 08:12  | URL | kazumi #-[ 編集] |  ▲ top

--
いろんなレースがあるけど、やはり女性は繊細で美しいものが好きですよね。タッティングレースはヨーロッパに長く住んでいらっしゃった方から習いました。
日本でも本などが出ているようです。Kazumiさんなら、すぐに覚えると思います!
2007/08/01 12:57  | URL | Hiro #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ltacshadowbox.blog89.fc2.com/tb.php/48-339b4163
| メイン |