間もなく夏到来。
- 2011/06/29(Wed) -

先日から雨の合間には、蒸し暑い日々が続きますね。

急に気温が上昇しましたので、暑さに耐え兼ね初エアコンで、ちょっと一息です。

もうすぐ梅雨明けでしょうか?

 

K叔母さんの手作り絵葉書
「どれでもいいよ」の言葉に甘えて、子供の頃を思い出しテルテル坊主をチョイス。

テルテル坊主 

こう蒸し暑いと晴天よりも雨のしっとりした日々の方が、呼吸が楽に出来るし、「雨もいいなあ」と前に撮った写真を見ながらゲンキンなものです。

hollyhock.jpg 

立葵 

紫陽花2 

山紫陽花 

春にロスでのジャパンフィルムフェスティバルで上映されることを知り、いつか見たいなあと思っていた「ミツバチの羽音と地球の回転」を先日見て来ました。

山口県祝島で原発計画に向き合う人々とスウェーデンで持続可能なエネルギーの構築をする人々とを描いたドキュメンタリー映画。

 

鎌仲ひとみ監督の講演もあって、会場は立ち見や通路にも観客があふれ超満員でした。

お隣の席の方は香川県からお見えになったそうで、皆さんの関心の高さを物語っていました。映画終了後、ゆっくり読もうとパンフレットを買ったら監督がサインをしてくれました。

映画パンフレット  

全国でも自主上映会をしていますので、こちらのスケジュールを参照してください。


FC2ブログランキングに参加しました。

応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。

バナーの上をポチッと!

squirrel_20100423004328.gif e_03_20100423004148.gif

この記事のURL | 愛する人・国 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
雨の日に初めて
- 2011/06/17(Fri) -

の日は写真的にチャンスだそうです。

と言う事で先日初めて小振る中、写真を撮ってみる事にしました。

と言っても用に何か特別の物を持っている訳でもなく、単純にをさしながらカメラを持って夕方公園に出かけました。

をさしながらの撮影ははっきり言って不便です。

不自由でした。
もう1本手が欲しいです。

紫陽花 

そんなことも言ってられないかしら?に打たれている蝶々もいるのですから。



バタフライ 

でも、の先端からのしずくが垂れます。

それに草むらで居れば居るほど、蚊にたくさん噛まれるのは参りましたぁ~。勘弁して下さい!

クローバー 

に打たれた菖蒲が満開で、雨の中独り占めした美しさには感謝です。

菖蒲 

でも軟弱な私は車中で楽して見つけた雨粒で、最初の雨の日撮影は満足してしまいました。

雨粒 

FC2ブログランキングに参加しました。

応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。

バナーの上をポチッと!

squirrel_20100423004328.gif e_03_20100423004148.gif

 

この記事のURL | 写真 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
恋しい人
- 2011/06/12(Sun) -

停滞する梅雨前線で、今日は午後遅くから大雨となりました。
今もしっかりと雨が降り続いています。6月の花「紫陽花」には、雨や水が似合いますね。

こんな雨の日は雨の音を聞きながら、物思いに更けるゆったりとした時間が流れています。

 

先日、恋しい人のセレモニーが無事に終わりました。。。。。

恋しい人を忍んで、紫陽花と芭蕉で皆さんをお迎えしました。

恋しい人 

数年前、ひざが悪くて杖なしでは不自由な母の為に、Hさんが連れて行ってくれた紫陽花園。とっても喜んで温泉にも入り、食事も一緒に楽しんだ2人。思いがけずの行楽日和でした。
2人を忍んで「紫陽花の開花にはまだ早いかな?」と思ったのですが、セレモニーの後、紫陽花園に行きたくなりました。

 

途中、紫陽花園への道を聞きながらの山道走行です。
お隣にSさんがいましたので、控え目にはしていましたが、内心は「こんな狭い道で対向車があれば、私は谷に落ちるしかない」と恐々でした。

あじさい 

が生息すると言う清流の美しい川に沿って山道を登るのですが、川の流れの清らかなこと!村の人々が協力しあって川を大切に守っています。

 

到着した紫陽花園は30種類、2500本も丹精込めて育てていますので、シーズン中は沢山の人の心を癒してくれる事でしょう。やはりちょっと開花には早かったので、又紫陽花を見に行きたいな~。

清流 

帰り道に「ランチはここで。」と下見をしていたガーデンカフェは、新緑が濃くなり又違ったガーデンの表情を見せてくれました。

恋しい2人はもしかしたら、一緒に来たかったのかもしれません。
ふるさとの山にこだまする鳥の優しい鳴き声となったり、あでやかな蝶々となっていつまでもそばでひらひらと舞ってくれました。

 

 

ガーデンではミツバチがお花の蜜を集めに来ています。
母はハチミツも大好きでしたので、写真を撮りながらなんだか一緒の気分でした。

新緑 

それにお皿から溢れんばかりの大きなエビフライを完食して、「ご馳走様~。」

無事にセレモニーを終えられたのも、心温かい皆の気持ちと恋しい2人が見守っていてくれたおかげ!    皆さん、どうもありがとう~♪

ランチタイム 


FC2ブログランキングに参加しました。

応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。

バナーの上をポチッと!

squirrel_20100423004328.gif e_03_20100423004148.gif

この記事のURL | 愛する人・国 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
バールとバリスタ
- 2011/06/03(Fri) -

若かりし頃、語学研修で訪れたスペインでは、人々の生活にバールが密着していて、町には必ず教会や広場があり、そしてバールがあります。

 

授業の合間に休憩してコーヒータイムをするのもバールでした。先生とクラスメートと一緒に毎日のようにバール通いですが、カウンターで立って飲む気軽な止まり木スタイルです。

 

初めてバールに行った時はビックリでした。と言うのもまだ午前11時位なのに、ハウスワインを飲んでいる男性達がいて、「何故、今頃?」と不思議でしたが、毎日バールに通う内に顔馴染みとなって慣れるものですね。

 

逆にバールでカフェやワインを飲みお料理を食べて、コミュニケーションをしている彼らが人生を楽しんでいるように思えて来ました~♪

cafe2.jpg 

その後1日何度でもバールに通うのですが、広場に向かってのオープンテラス席が特にお気に入りで良くハガキを書いたものです。いつかセピア色した懐かしい写真を整理したいなあ。

 

後年この時の初印象や体験がインプットされて、ハウスワインに夢中になった時期がありました。日本酒でも地酒は、特に美味しいですよね~~♪

cafe_20110603230057.jpg 

このカフェはアメリカから里帰りする度に、友人がいつも連れて行ってくれておしゃべりに長時間花を咲かせたカフェです。先日懐かしくなって出かけたら、バリスタが可愛いスヌーピーのラテアートをしてくれました。

ラテアート 

バックの中で持ち歩いているノートも、スヌーピーなのでした。(笑)

snoopy.jpg 

こちらはSさんが仕上げたバリスタシャドーボックスです。

 

4種のプリントを1つのフレームに入れられました。

他3種のシェフシリーズがありますが、その完成作品は今度の機会に。

プリントはこちらからどうぞ。

barista.jpg 

FC2ブログランキングに参加しました。

応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。

バナーの上をポチッと!

squirrel_20100423004328.gif e_03_20100423004148.gif



この記事のURL | シャドーボックス | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |