スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
美術館パートⅢ
- 2008/08/30(Sat) -

モダンアートをたっぷり鑑賞した後は、ちょっと一休み。

 

Charles&RayEamesがデザインしたEames Wire Chairsです。スチールワイヤーが太陽の光を浴びて美しく輝いていましたが、ゆっくりのんびりくつろぐには、日陰での方がありがたいというもの。日陰のNorth Plazzaには「ダイヤモンドパターン」と呼ばれるシートデザインの椅子がたくさんありました。今見てきたばかりの作品の数々を思い出しながら、エレガントなEamesの椅子に座って至福のひと時です。

 

north-plazza.jpg

 

さあ、又次のビルに移動です。自分の好きな作家の名画を近くで目にできる事は大変嬉しいものですね。たっぷりと時間をとりすぎて今回のメインイベントが一番後回しになってしまいました。しまった!体力も余り残っていなくて、、、、、

 

今回の「THE AGE OF IMAGINATION」プライスコレクションは伊藤若冲(1716-1800)はじめ、円山応挙、鈴木其一、酒井抱一、長沢芦雪など江戸絵画コレクションとして、作品点数並びに充実度に圧倒される思いでした。 

 

LACMAを訪れる度に、「心遠館」で伊藤若冲はじめ、数々のコレクションを見ていたのですが、これほどまでに数多くの素晴らしいコレクションを一同に見せてもらえると、プライス夫妻の収集への情熱と努力にただ感謝をするばかりです。 

 

price-collection.jpg

 

2006年7月に東京国立博物館で始まった展示も日本各地を回り、最後に最終地ロサンゼルスで2008年9月14日までの展示です。モダンですっきりとした空間構成には日本人の美意識の高さを感じました。鑑賞している方のため息と絶賛のつぶやきが聞こえてくると日本人として誇りを感じました。

 

会場内で好きな絵があったのですが、奇しくもジョープライス氏が1953年、最初にコレクションを始めるきっかけになった絵と、後でわかった時はちょっと嬉しかったです。作品は間近で細部まで鑑賞することが出来て堪能したのですが、こちらのサイトでも見せてくれていますので、再度味わっています。

 

ロサンゼルス在住の方で日本美術と江戸絵画の魅力あふれるプライスコレクションをもし、まだご覧になっていないようでしたら是非、会場に足を運ばれる事をお薦めします

 

FC2ブログランキングに参加しました。
応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。
バナーの上をポチッと!
e_03_20080212133405.gif 
スポンサーサイト
この記事のURL | Art | CM(2) | TB(0) | ▲ top
美術館パートⅡ
- 2008/08/25(Mon) -
LACMA(ロサンゼルス郡美術館)に出かけたのは夏ですが、ぼやぼやしていたらロサンゼルスにも風に秋の気配を感じるこの頃となりました。
Gift Shopで買ったLACMAのポスト・イットノートは色、デザイン、大きさ共にお気に入り。
 

LACMA.jpg

 
South Plazzaから、今年2月に新館としてオープンしたBroad Contemporary art museum へ向います。
 

south-plazza.jpg

 
建物への入り口は林立する赤い柱がとても印象的でした。関西国際空港を手がけたイタリア人建築家レンゾ・ピアノによる設計です。
 

bcam.jpg

 
遊び心たっぷりで巨大なガラス張りのエレベーターにのって、1階から3階まで現代アートを鑑賞です。1階の迷路のような彫刻作品は、歩いて行くに連れ異次元空間に入り込み、感覚を失うかのような錯覚に陥りました。
 

elevator.jpg

 
アンディー・ウォーホール、バスキア 、ロイ・リキテンスタインなどアメリカ代表する作家の作品が、広い空間に贅沢に展示されています。光を一杯取り入れた空間の中では、心ものびのびと開放されるひと時でした。次回もまた続きます。
 

modern art

 
*お知らせ
フレームページをリニューアルオープンしました。詳細はこちらの方からどうぞ。
 
FC2ブログランキングに参加しました。
応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。
バナーの上をポチッと!
e_03_20080212133405.gif 
この記事のURL | Art | CM(4) | TB(0) | ▲ top
夏には美術館
- 2008/08/16(Sat) -
暑い時には美術館で時間を忘れて、アートに触れるのも満足のひと時。
美術館では膨大な収蔵作品すべてを見るのは体力的にも無理なので、自分の中でのその時々のマイブームの気になる作品や、いつもの好きな作家の作品をじっくり鑑賞しています。
 
今回は以前から気になっていたアルベルト ジャコメッティの人体像 
間近で見ると細い彫像なのに手わざとボリュームでとても迫力があります。又独特の奥行きがあり、真横やいろんな角度から離れて彫像を見ると、空間が変わっていくように感じられました。
 

museum.jpg

 
たっぷり作品を鑑賞した後は疲れた体にも、ティーブレイクが欲しいものです。
中庭でのティータイムには席が塞がっていて、待ち時間があったためカフェテリアに。
 

courtyard.jpg

 
美術館でのティータイムは心地よい疲れと共に、満足と幸せの時間を運んでくれました。どちらの椅子もデザインが美しくて思わず撮った1枚です。やっぱり美術館ですね!次回も続きます。
 

cafeteria.jpg

 
FC2ブログランキングに参加しました。
応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。
バナーの上をポチッと!
 
↑可愛いアイコンはComichikoさんからのギフトです。ありがとう♪
 
この記事のURL | Art | CM(2) | TB(0) | ▲ top
夏だ! フェスティバルだ!
- 2008/08/10(Sun) -
夏はどこの町でもサマーフェスティバルが、多くなります。友人と訪れたサマーフェスティバルでも移動遊園地や観覧車があって、長蛇の列の子供たちやファミリーで大変にぎわっていました。
 
子供の頃は乗ったものの、大人になると下から見上げることの方が多いです。屋台もたくさん出ていて、飲んだり食べたりとそちらの方が忙しいせい?
 

kanransya.jpg

 
夕暮れ時になると野外コンサート会場前には、携帯の椅子や毛布を抱えたグループが三々五々集まってきて、芝生の上や思い思いの場所を確保していました。コンサートが始まると、ビールが入ったピッチャーを抱えて歩く人がとても目立ちます。
 
心地良い音楽と一緒に、野外で飲むビールは最高!なのでしょう。ドンドン夏気分が盛り上がります。
 

festival.jpg

 
夕暮れ時から日没までの空の移り変わりもきれいですが、舞台上の照明も音楽に合わせてとても素敵な演出効果で、引き込まれてしまいます。音楽と照明のマジックで心も体も軽やかに踊りだし、楽しい夏のひとときでした!
 

festival2.jpg

 

* お知らせ

新柄フルーツプリント4種をUPしました。詳細はこちらからどうぞ。

 

FC2ブログランキングに参加しました。
応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。
バナーの上をポチッと!
 e_03_20080212133405.gif
この記事のURL | Summer | CM(4) | TB(0) | ▲ top
暑中お見舞い申し上げます。
- 2008/08/04(Mon) -
8月、夏真只中!です。
暑い毎日ですが、皆さんお元気でいらっしゃいますか?
 
日本を離れて00年、クリスマスカードや年賀状は書いてもすっかり暑中見舞いを書く習慣がなくなってしまいました。時折、日系書店などで季節のハガキを見かけると、日本の風物詩に郷愁を覚えるこの頃です。
 

gardenmuseum.jpg

 
早朝の気温がまだ上がらぬ内、植物に水をあげて目覚めのコーヒーを飲めば一日の始まりです。日中の暑い時は少しの間手を休めて、木陰でのんびりと過ごしたいですね。
 

kokage.jpg

 
暑い毎日ではありますが、夏バテしないようお体に気をつけて下さいね。
楽しい夏の思い出がたくさんできますように!
 

summer2008.jpg

 
FC2ブログランキングに参加しました。
応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。
バナーの上をポチッと!
e_03_20080212133405.gif 
 
この記事のURL | Summer | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。