黄昏に微笑みを
- 2015/03/05(Thu) -

3月1日から始まった「おひなまつりを祝う」では連日大勢のお客様がお見えになり草月流いけばなの
作品を熱心に鑑賞して下さって、本当にありがとうございます。

丁度会期前半が終了したところですが、8日までの後半の会期も皆様のお越しをグループ一同お待ちしております。

芳名帳にはお友達や知人の名前もあり、来て下さったんだ~!と友人や知人の笑顔を心に描いて温かくなる想いです。

話しは遡って、、、、

お花の生け込みが終了した土曜日の夕暮れ、そっと置かれた素朴なお雛様の笑顔に癒されてパチッ!

お雛様のそばに集まる仲間の笑顔。

自分の作品も完成してお部屋のお掃除も終わり、夕暮れの優しい光を受けて何だかとてもほっとする
ひとときでした。
同じ趣味の仲間と共有する時間は、かけがえのない物ですね。




微笑み 



本当ならまっすぐ家に帰るはずだったのですが、ちょっとだけ気持ちにゆとりが出来たのか??

寄り道して吉野川の中にある善入寺島川島潜水橋の前でパーキング。

 

からし菜が一杯咲いておりました。
久しくカメラを持ち歩かないものだからか、夕暮れの時間を楽しみ過ぎたからか、歩きのお遍路さん
自転車でお参りの外国人お遍路さんもあいさつして見過ごしてから、そういえば頼めばいい被写体だったのにと、
後からのんび~りと思い出した訳です。

 



夕暮れ 



冬の間忙しいのと寒いのを理由にカメラに触れてないし、、、

これから梅も桜も花も満開で春一杯になる季節。。。

どうしよう。ただでさえほんの少ししか知らないのに、撮り方を忘れてしまったような気がするわ。




からし菜

 

FC2ブログランキングに参加しました。

応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。

バナーの上をポチッと!

rabbit.gif e_03_2014013011502798a.gif

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
淡路島横断
- 2013/05/12(Sun) -

神戸コストコへの食料の買い出し隊はいつも高速道路の往復になるのですが、前回は帰り道高速道路を
まっすぐ帰らずに淡路島の西側、海沿いの道をゆっくり走ってみる事にしました。


明石 



ここからの景色は夜もライトアップがとても素敵なんです。

淡路島最北端の温泉「松帆の湯」は天然温泉で、露天風呂に入りながらライトアップされた明石海峡大橋を
見る事が出来るのでお勧めで~す。


 

 

明石海峡 


急ぐ事もなしとゆっくり海沿いを南下です。

重石でしょうか?面白い光景でした。





淡路





風車と灯台。





風車





休憩して海へ。






足跡 




南あわじ阿那賀に着くころには、夕暮れが始まっていました。






鳴門海峡





カメラ女子も夕暮れを楽しんでいる様子。





カメラ女子  





美しい夕日です。




海釣り公園  





夕日が沈むまでの数分間は、空が焼けて美しい光の饗宴で見とれあっと言う間。

さあ、お家に帰ろう。美しい淡路島サンセットラインの旅でした。

買い出し隊は今度、淡路島東側も横断してみたいなあと思っているのですがね。

いつになるかな?!



海釣り公園2




FC2ブログランキングに参加しました。

応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。

バナーの上をポチッと!


squirrel_20130125004429.gif e_03_20130125004428.gif






この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
菜の花畑
- 2013/03/30(Sat) -

の季節は用事をしていても、の開花が気になりどうも落ち着かずの日々となりますが、

皆さんはいかがでしょうか?
今日はがちょうど見頃の週末となるため、どこもお花見で混み合っていた事でしょうね。


今週始めに撮った写真ですが、無人島も春を迎えていました。


潜水橋 


 

これで島の2本の幹線道路がちょっとわかりました。


鉄塔 



この日は風が強く寒い日でしたが、菜の花の黄色を見ると「春は黄色から始まる」と思ってしまいます。



土手



帰り道北側の潜水橋を渡ろうとしたら、両サイドに茂っている竹林の長い長い竹の1本が倒れていて
道を塞いで通せんぼです。


潜水橋の前で停車したものの竹が邪魔して進めないので、「これは駄目だ。」とスゴスゴとUターンして
元来た道へ引き返そうとしたら、後ろから来た若い青年が車のドアを開けて降りてきて
竹をどけようとしました。




菜の花畑    

 


私も手伝わなきゃと下りて行って2人で竹林側に押していたら、又そこへ若い青年が来て3人で竹を押して
最後にバキンと竹の折れる大きな音がして、道が通れるようになりました。



「ありがとう~。男性はたくましいですね。頼りになります。」
3人でそれぞれの車に戻りながら、笑顔で笑い合った数分間のドラマでした。

家に戻るまでのドライブは、思い出してはニヤニヤと心温まり、とても気持ちの良い無人島の春。



菜の花畑2 



里山もの見ごろを迎えていました。

こんな場所でお花見できたらいつまでもボーとしてしまいそうです。

残念。せっかく来れたのに時間がなく坂道を駆け足で戻ることになり筋肉痛です。




お花見席 


 

 

FC2ブログランキングに参加しました。

応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。

バナーの上をポチッと!

squirrel_20130125004429.gif e_03_20130125004428.gif


この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
川の中にある島
- 2013/03/19(Tue) -
川に中にある島としては日本最大の無人島「善入寺島」に初めて行ったのは昨年の秋。

その日は夕方時間が空いたので、せっかくなら西に向かってドライブしたら、どこか夕日が撮れる場所があるかもしれないと軽いノリでした。どうせなら川沿いにドライブしたら、 目の間が開けるかも?それに「川の中州が面白い」との言葉だけを頼りに、その時は無人島と言う情報もなしでの適当な運転です。

ナビに現れた中洲の地図。
でも夕暮れは迫って来るし、「え~,この橋(潜水橋)を渡るの??」とおっかなびっくり探検隊気分。初めての知らない道は、車内独り言も多く、私は多分大変うるさいと思います。

夕日は沈み始めるし、民家もまったく見当たらず、どこかに停めて写真を撮りたい気持ちと、早く暗くなる前にここを抜け出さないと怖い~と、相反する気持ちを抱えながら進むのでした。

でも写真を撮りたい気持ちの方が強くて、こわごわ撮った1枚となりました。
数分後には太陽が沈みましたので、速攻で無人島を退散したのは言うまでもありません。



善入寺島 


それからしばらくして夕刻のドラマチックな情景見たさに又、恐々日暮に近づいてしまいました。

夕暮れとキャベツ畑が春への訪れを感じさせてくれましたが、この日も太陽が沈みきる前に退散。

いつかは無人島の道にも慣れるといいな~。



キャベツ畑 


FC2ブログランキングに参加しました。

応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。

バナーの上をポチッと!



squirrel_20130125004429.gif e_03_20130125004428.gif

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |