LEDナイト
- 2016/11/06(Sun) -
11月に入ると朝、夕はぐんと気温が下がり冷え込むようになりましたね。
日没も早くなって、暖かい室内が恋しい秋の夜長となりました。

先月出かけたLEDナイトでは、まだ少し肌寒い程度でしたのに。。。。
秋晴れで気持ちのいい行楽シーズンが少なく、急に冬がやってきたように感じます。
ようやく季節の入れ替えも済み、冬支度が整い始めました。 


digital.jpg


昨年はクリスマスのディスプレイが遅めでしたので、10月の終わりには

今年はちょっと早めにしようと思いながら、11月も今日でもう6日目。

なんて1日の早いこと!!

いつ頃にしようか?と思案するより先に始めた方がいいかもしれません。

 

チームラボLEDナイトではファミリーがたくさん来ていて、大人も子供も

楽しいひととき。




digital art



12月16日から始まる徳島LEDアートフェスティバルでは、3年に1回開催されていて
3回目となる今年はチームラボが中心となってLEDアートも沢山展示されるので

今から楽しみです。自然や冬の街がアートとなる数日間です。

 

夏の間植えっぱなしだった風船かづらを収穫しました。

種をクラフトや難転苦去るに使うのですが、リースのまま乾燥するかどうなるか?

ちょっとお試し最中です。



風船かずら


 

FC2ブログランキングに参加しました。

応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。

バナーの上をポチッと!


squirrel_20150908114120e16.gif e_03_20150908114114fc4.gif
この記事のURL | Art | CM(0) | TB(0) | ▲ top
拝宮和紙
- 2014/04/15(Tue) -

ここ1週間は気温の変化が大きく、花冷えとなったり初夏を感じさせてくれるような陽気だったりで、

出かける時は衣服での調整に悩む所。とは言ってもおだやかな春が嬉しい季節!

 

 

さて、拝宮和紙中村功氏と草月流いけばなとのコラボも今日がいよいよ最終日。

沢山のお客様が足を運んで下さり、グループ一同喜んでおります。

 

拝宮和紙 



拝宮和紙2 


ひとつずつ違った手すきの個性豊かな和紙は、何度見ても飽きないし

迫力ある和紙の魅力に、つい引きこまれてしまいます。。。。。



拝宮和紙3





拝宮和紙4

 

 


 中村氏からもお話しをうかがい、とても楽しい時間となりました。
アッと言う間の楽しい時間は、一杯刺激もいただいてエネルギー充電。



拝宮和紙5



夕暮れのヨットハーバーが見え、ロマンチックな夜景です。




夕暮れのハーバー 




和紙の照明が空間の中で、物語の始まりを語ってくれそうでした。




夕暮れ 

     (CAll Photo by Hiro


FC2ブログランキングに参加しました。

応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。

バナーの上をポチッと!


rabbit.gif e_03_2014013011502798a.gif

この記事のURL | Art | CM(2) | TB(0) | ▲ top
中原淳一展へ。
- 2013/12/30(Mon) -
クリスマスが終わるとあっという間にお正月準備ムード。
いよいよ今年も後わずかですね。
皆さんも年末のお掃除や新しい年への準備と、あわただしい時間の事でしょう。

28日で今年最後のクラスが無事に終えました。お陰様でホッと一息です。
と言ってもすぐに又クラスが始まるので、今はせっせと頼まれ事など作る時間を過ごしています。

さて、先日立ち寄った先はこちら。



讃州井筒屋



東かがわ市引田。讃州井筒屋敷で「中原淳一生誕100周年フェア」をしていました。



廊下

 

少女をモチーフにしたイラストで多彩な才能を発揮した中原淳一(1913年~83年)は香川県東かがわ市
(旧白鳥町)出身。年譜を見ていたら幼少の頃には父親の転職で、徳島市にも住んでいたことがあるようです。



中原淳一展 



戦前から戦後にかけて、雑誌の表紙や挿絵は敗戦当時の女性たちに美しい物へのあこがれと
慰めや癒しを与え絶大な人気でした。



 中原淳一展2




中原淳一展3 




中原淳一展4

 

今見ても憧れてしまいそうな、大人の女性のイラストも展示されています。

来年1月5日までですので、お近くの方は素敵な中原淳一回顧展へどうぞ。


 

FC2ブログランキングに参加しました。

応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。

バナーの上をポチッと!

e_03_20130125004428.gif


squirrel_20130125004429.gif

この記事のURL | Art | CM(0) | TB(0) | ▲ top
師走ですネ。
- 2013/12/03(Tue) -

目の前の事に追われていたら、あっと言う間に12月。

1年が過ぎ去るのが本当に早い事。

しみじみと振り返る間もなく、今日も又目の前のことに追われあっと言う間に日暮でした~。

 

公園で見た野外彫刻展も先月の事なのに、遠い昔のようです。


野外彫刻展2013A


まだこの頃は気候も過ごしやすかったかしら?


野外彫刻展2013

 



街ではクリスマスのイルミネーションも点灯されて、きれいでしょうね。

先月、先生や仲間と一緒に生けたクリスマスアレンジ。

おせちの予約看板を見て、もうそんな時期と驚いていたのに、もうすぐそこ!



クリスマスアレンジ

 


年をとるとホント1日の過ぎゆくのが早くて、このまま加速して年末にむかいそうな気がしますが。。。。

主婦にとっても一番忙しい月ですが、時々は自分の為にもリフレッシュの時間を取って

良き師走になりますように!



FC2ブログランキングに参加しました。

応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。

バナーの上をポチッと!

squirrel_20130125004429.gif e_03_20130125004428.gif

この記事のURL | Art | CM(1) | TB(0) | ▲ top
夏はアート
- 2013/07/29(Mon) -

毎日、暑い日々で猛暑の連続です。

照りつける太陽を避けて、暑い日は美術館でアート鑑賞は如何でしょうか?

 

先月、初めて大塚国際美術館に出かけました。

なんと開館して今年で15周年だそうです。

一度は行きたいと思いながら、今までなかなか機会がなくて、、、ようやくです。


大塚国際美術館



丁度この日はミュージアムコンサート、ベートーベンの「第九を歌う」がありました。

システィーヌホールでは皆さんの歌声が響き渡り、最後は200名余りの大合唱で

大勢の観客からも拍手が鳴りやまず、歌声に酔いしれた素晴らしいひとときでした。

 

ロサンゼルスからも合唱団が来ていたので、知人を探したけど見つからずちょっと残念。

感動した後はお腹も空くのでランチをして、さあようやく美術鑑賞の時間です。

 

大塚国際美術館2 


と言ってもここですでに遅い午後となってしまっていて、閉館は5時なのに

ちょっとスローペースです。。。。

ボランティアの方の案内ツアーがあり、1つずつゆっくり名画鑑賞ですが広くて、とても回りきれません。


すいれん

 

本物を見た絵やら、本でしか見たことがない絵とかいろいろあって、楽しい時間ですが1000点以上は

数時間ではちょっと無理ですね。まあ、又次回来よう!ととりあえず1回目は軽く見て歩く事に。

「最後の晩餐」は修復前と修復後の2枚の絵を同じ部屋で見られたのはとても良かったなあ。


大塚美術館

 

ルノワールの「ピアノを弾く二人の少女」

人気のプリントなので、実物大の陶板をまじまじと見てしまいました。

でも思っていたよりも実物大は大きくなかった~。

 

ルノワール

夏休み、暑い日こそ美術館でアート鑑賞です!


大塚国際美術館3 



FC2ブログランキングに参加しました。

応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。

バナーの上をポチッと!




squirrel_20130125004429.gif e_03_20130125004428.gif

この記事のURL | Art | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ギャラリートーク
- 2013/05/04(Sat) -

相生森美術館に出かけました。

この美術館は全国でも珍しい「木」の美術館として、木を素材にした木彫りや木版画を収蔵しています。

そのことは後で知ったのですが、今回は「 静一展」

 

「赤色エレジー」やロッテのキャンディキャラクターの小梅ちゃんのイラストで時代を象徴される作品を
発表された方です。朝からいいお天気でしたし行楽日和なので、当初の予定では展示会を見て
ギャラリートークを聞いた後、周辺を観光しようと言うつもりでした。しかし。。。


林 静一展



館内は氏の作品がテーマ毎に3室に分かれ展示されていて、廊下にも細部まで見応えのある作品が展示
されていました。どのお部屋も飽きさせないリズムのある展示の仕方で、入口から出口まで予想していなかった
作品数の多さにもびっくり。

 

作品を見ながらの氏のギャラリートークも面白く引き込まれてしまい、なんと1時間半のギャラリートーク
です。直接お話しをうかがえる機会なんて、めったにないですのでとてもいい時間でした。

 

学芸員の方のお話ではこれでもかなり氏の作品数を絞り込まれ、展示の仕方も工夫されたとのことで

主催される方達の熱意が伝わる見応えのある展示会でした。6月16日までの開催です。

 

外を見ると作品を鑑賞中にいつの間にか、かなりまとまった雨が降ったようでした。

美術館敷地内の「ハンカチの木




Dove-tree.jpg





雨に濡れて新緑が鮮やか。




新緑 




夕方寒くなって来たので、天然の岩風呂温泉に寄ったら鯉のぼりが一杯。

でも無風状態でしたので、ちょっとイキオイがありません。首を右に傾けると泳いでいる風です。(笑)

美術館で作品鑑賞後、温泉でゆっくりするなんて、贅沢ですよね~。




鯉のぼり

 

明日は「子供の日」

皆さん、楽しい時間となりますように!


FC2ブログランキングに参加しました。

応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。

バナーの上をポチッと!


squirrel_20130125004429.gif e_03_20130125004428.gif

 

この記事のURL | Art | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夜のアート鑑賞
- 2013/05/01(Wed) -

2013LEDアートフェスティバル最終日は公園へ。

昼間もいいお天気でしたので、夜もジャケットを羽織る位の気候。

最終日とあって沢山の観客や観光客でにぎわっていました。


BIZAN.jpg 



LEDアートを鑑賞して、のんびりゆっくり、ゆっくり歩いて散策です。

と言うのも昼間初めて出かけた場所は知らなくて、思いがけずふもとから山道をかなり登る事になったので、
夕方にはもうすでに足がジンジンしてくたびれていました~。



LEDアート5 



子供達もLEDアートを楽しんでいる様子。



LEDアート4 



 

公園の中、見慣れた大きな楠が音楽と光、そしてアーティストの手によってとっても魅惑的な野外劇場に
変身です。LEDの光と音楽、そしてダンサーがパフォーマンスした空間は、時間が止まってしまった
かのような幻想的で不思議な30分。

 

アートの力は大きくて心に染み入ります。
もう少し何回かに分けて出かければよかったと、ちょっと惜しい気分。
今度は2016年ですので、それまでの楽しみが増えました。



KAWA.jpg

      (C)All Photo by Hiro



* お知らせ

人気のReady fo Rainが再入荷しました。こちらからどうぞ

FC2ブログランキングに参加しました。

応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。

バナーの上をポチッと!



squirrel_20130125004429.gif e_03_20130125004428.gif

この記事のURL | Art | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2013LED アートフェスティバル
- 2013/04/28(Sun) -

ゴールデンウィークがスタートしていますので、毎日お楽しみが多いですよね。

 

LEDアートフェスティバルも、いよいよ明日で10日間の幕を閉じます。

会期中雨も降ったりして、見物するには寒い日もあって躊躇していたら

あっと言う間に会期が終わりそうです。


LEDART2.jpg 



10日前お手伝いした時は大量のへぎ竹を皆でドンドン入れても、入れても

まだまだと言った感じで、飲み込まれてしまうのでした。

 

その日は寒い夜で体も冷えて来たけど、お店の方からコーヒーの差し入れがあったり

商店街の方達の協力もあって、LEDが点灯した時はパッと夜空に花が咲きました!


明日はゆっくりLEDアートフェスティバルの会場を散歩できればいいなあ~。


LEDART3.jpg 


*お知らせ


フラワーのページが又、出来ました。こちらからどうぞ。

FC2ブログランキングに参加しました。

応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。

バナーの上をポチッと!

squirrel_20130125004429.gif e_03_20130125004428.gif


この記事のURL | Art | CM(0) | TB(0) | ▲ top
こんぴら歌舞伎
- 2013/04/20(Sat) -

第29回「四国こんぴら歌舞伎大芝居」を見に行って来ました。

4月6日から始まった、市川亀治郎改め四代目市川猿之助さんの襲名披露公演も明日21日で千穐楽。

チケットは早々に完売になったとか。

 

handbill[1] 

歌舞伎を見るのはこれで3度目ですが、今回はバスの中でレクチャーを受けたこともあり

少しだけ演目の事前勉強もしたので、坂道を上る足取りも軽く楽しみも膨らみました。

 

今から178年前に建てられた現存する日本最古の芝居小屋が「金丸座(かなまるざ)」

俗称こんぴら歌舞伎です。


金比羅歌舞伎1 


今回見た一部の演目,鳥辺山心中と義経千本桜「川連法眼館の場」の芝居錦絵が掲げられていました。



金比羅歌舞伎3 


入口は鼠木戸から背をかがめて入ると、お出迎えの係りの方から靴を入れるビニール袋をもらい

靴を脱いで上がります。江戸時代の芝居小屋にタイムスリップです。



金比羅歌舞伎2


芝居前の着到演奏も聞いて、気分が少しずつ盛り上がりワクワク。



金比羅歌舞伎4 


花道近くの2F桟敷席だったこともあり、役者さんとの距離がとても近く遊女お花と半九郎の舞台に
引き込まれる時間でした。あっという間に幕間のひととき。

 

江戸時代、芝居見物の幕間に食べたのが「幕の内弁当」の語源だそうです。

しっかりここ金丸座で次の幕の場面が上がる前に「幕の内弁当」を食べました。

皆でワイワイ言いながら食べる「幕の内弁当」は美味しいですネ。



金比羅歌舞伎5 

そして2部「義経千本桜」では、色んなところに仕掛けがあり猿之助さんの早業やケレン味溢れる演出に
息つく暇もなくぐいぐいと引き込まれるのですが、観客席からの大向うで一層盛り上がります。
澤瀉屋!」 「松嶋屋!」 「待ってました!」などタイミング良く男性の力強い声で大向うがあり
ライブ感が一杯。

 

子狐に扮した猿之助さんが宙ずりになって、最後は桜紙吹雪の中、目の前を通るのですが汗が見えるほどの近く。
まるで目があったかの様な錯覚に陥りそうな距離です。

歓声が鳴り響いていつまでも拍手が鳴りやまず、皆さん口々に「こっちを見てくれた~」と興奮とどよめきでした。




金比羅歌舞伎6


大劇場と違って金丸座で見る芝居は本当に風情もあり、日本の伝統文化の歌舞伎はとっても素敵でした。
帰ってから歌舞伎の場面を描いた絵を見ながら、歌舞伎芝居のことをもっと知りたいナと思うのでした。



金比羅歌舞伎7 

 

ご興味のある方はこちらからどうぞ。


FC2ブログランキングに参加しました。

応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。

バナーの上をポチッと!




squirrel_20130125004429.gif e_03_20130125004428.gif 

 

この記事のURL | Art | CM(0) | TB(0) | ▲ top
光のアート
- 2012/11/01(Thu) -

今日は11月1日、霜月です。

文字通り霜が降る月で、夕方華展の活け込み準備に外に出ると急速に冷え込みを感じ、
あわてて冬のお支度となりました。

そごうの文化祭も始まり、華展の活け込みも終り、明日からの開催を待つばかり。
今はやれやれのひと時です。ホッ。

 

LED アートフェスティバルからまだ3~4日しか経っていないのに、夜帰る頃には寒くて
足早になってしまいました。あの時はのんびり夜のお散歩ができたのに、日々の移ろいは
ホント早い。。。。。です。


 

Led-art-festival.jpg 

先週末はLED アートフェスティバル。

こちらは「虹の雲」と言う作品で、雲の中で3色のLEDの光を受けて人影が虹色に変化
しています。



Led-art-festival2.jpg



 

公園の一角が不思議空間になって、子供達は大喜び




LED ART


 

「星空の場所」は夜空に浮かぶ雲をイメージしているようで、ベッドの上にあおむけに寝ると

夜空を見上げて気持ちが良かったです。

 

「ひかり場」では子供達が一生懸命紙コップを並べたり、発砲スティロールで積み木をしたりと

色とりどりに光の中、楽しそうに遊んでいました。

「アワオドル」は池に映ったアワがLEDで幻想的に輝いていました。




LED ART2 

昼間の水際公園は水辺の景観もいいし、いろんなイベントで盛り上がっていますが、夜も雰囲気があって魅力的なのでこの日は家族連れやカップルも多く、夜のお散歩をエンジョイしていました。

もうすぐ、クリスマスイルミネーションも始まりそうで2012年も後2か月を切りましたね。
ホント年のせいか、日々の過ぎゆくのが早い事!!


LED ART3 

    (C)All Photo by Hiro




FC2ブログランキングに参加しました。

応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。

バナーの上をポチッと!

squirrel_20120102124409.gif e_03_20120102124420.gif


この記事のURL | Art | CM(4) | TB(0) | ▲ top
野外彫刻展と県華道展のお知らせ
- 2012/10/12(Fri) -

半袖から長袖へと季節は巡り、秋らしい季節となりました。

10月からの各種講座もスタートして、芸術、勉強の秋です。

 

この時期は、徳島中央公園で毎年野外彫刻展をしているので、公園を散歩しながら見るのも
楽しみのひとつです。今年は50周年記念彫刻展で、徳島だけでなく香川、兵庫からも出品し、
素材も題材もそれぞれで個性あふれる33点が迎えてくれます。

木々の緑に囲まれた中で、赤いドアが現れました。

野外彫刻展 

昨年も出ていた椅子シリーズ。毎年の変化が面白い。




野外彫刻展2 



大きな体と靴。

見ていたら散歩している人が出てきて、彫刻は結構大きいです。

 



野外彫刻展3 


活躍されている知人のガラス作家のお名前が出てきて、意外な作品でちょっとびっくりでしたが

ガラスに野外の木々が映り込んで、とても良かったです。


野外彫刻展4  


まだ33点すべて見てないので、又行かなきゃ。野外彫刻展は10月19日までです。


野外彫刻展5 



*第62回 県華道展のお知らせ  



県華道展 

 

前期、後期共にいけばな各流派の力作ばかりですので、秋を感じさせてくれるいけばなで、
秋の一日を潤いと癒しの時間を堪能して下さい。

 

私は県華道展初出品ですが、前期で出品させていただくことになりました。

沢山の方のご来場を心よりお待ちしております。


FC2ブログランキングに参加しました。

応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。

バナーの上をポチッと!


squirrel_20120102124409.gif e_03_20120102124420.gif


この記事のURL | Art | CM(0) | TB(0) | ▲ top
国民文化祭
- 2012/09/06(Thu) -

第27回国民文化祭 とくしま2012が始まりました。

“文化によるまちづくり”を目指す国民文化祭で、会期中は多彩なイベントが一杯です。

会期 9月1日(土)~12月14日(金)

 

オープニングイベントでは全国から阿波藍にこだわりを持つ染師が染めた布200枚以上で
飾られていました。このプロジェクトは徳島で阿波藍を学び、インディアナ大学で染色を
教えているローランド・リケッツさんの提案で阿波藍プログラムが生まれたそうです。



藍 

会場では自分が選んだ色の布をバッジにしてもらい、共有するの色でと、人と、地域の歴史と「つながる」と言うコンセプトに参加するアートプログラムです。

 

私も気に行った麻布を選び直径3センチ位のバッジにしてもらいました。

穴の開いた布はそのまま次の会場で移動して行き、少しずつバッジの穴がくり抜かれていくことになります。バッジの裏には染めた布のナンバーが書いてあるので、街でバッジをつけている人が
いたら、ナンバーで自分と共有する色がわかります。




藍2 


そしてオープニングは宮城県女川町、6年生33人による「さざなみ太鼓」で幕開けです。

宵が始まった空と秋風の中、美しい藍色の麻布が景色の中に溶け込んでいました。

 

私も11月から始まる華道展や手工芸展の準備に忙しくなりそうですが、ガンバロ~。


藍3 



FC2ブログランキングに参加しました。

応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。

バナーの上をポチッと!

squirrel_20120102124409.gif  e_03_20120102124420.gif


この記事のURL | Art | CM(2) | TB(0) | ▲ top
猪熊弦一郎現代美術館
- 2012/08/27(Mon) -

日中はまだまだ暑いけれど、一足早く芸術の秋!だと美術館に出かけました。

数年前からこの美術館は行きたかったのですが、今回ちょうどホンマタカシ氏の写真展も
開催と言う事でレッツゴー!

 

地図上では遠いイメージがあったけれど、高速道路使えばすぐなんですね。

思ったより早めの到着でした。

1991年11月にオープンした、丸亀猪熊弦一郎現代美術館の設計は谷口吉生氏

MIMOCA.jpg 


巨大な壁画とオブジェとの全体写真を撮りたかったけれど、イベントがあるようでプラザには準備の資材が一杯でした。向こうの建物は丸亀駅で、ホント駅の目の前でしたぁ~。



MIMOCA2.jpg



 

ゲートプラザには猪熊弦一郎のオブジェが設置され、晩夏の光を受けてまぶしいばかり。

入館する前はやっぱり心が躍ります。



MIMOCA3.jpg 



企画展では猪熊弦一郎はコレクターでもあったようで、拾った石や集めたいろんな物が展示されていたのですが、それが結構面白くて見ながら親近感を覚えてしまうのでした。



MIMOCA4.jpg 


常設展の部屋のみ撮影OKでしたので、記憶にとどめようとした数枚。



MIMOCA5.jpg 

     (C)All photo by Hiro



ホンマタカシ氏の写真を見るのは初めてでしたが、背景となる美術館の開放的な空間での
写真展示は、いろんな写真の構成と見せ方が大変上手いなあとたっぷり鑑賞できた
ひとときでした。

美術館では刺激を一杯もらって勉強になります。やっぱり秋はアート!

 

アッでもこの後、お腹もすくし食欲の秋!

教えてもらった丸亀駅近くの「将八うどん」さんへ。

讃岐手打ちうどんは麺のこしがあって、ゆで方も絶妙。美味しいものには無口になりますね。

満足、満足です。

さすが香川はうどん県と言われるだけあってどこでも食べても美味しいけど、又リピーターに
なりそうです。



 

FC2ブログランキングに参加しました。

応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。

バナーの上をポチッと!


squirrel_20120102124409.gif e_03_20120102124420.gif


この記事のURL | Art | CM(2) | TB(0) | ▲ top
「草間 彌生」展に行って来た。
- 2012/03/31(Sat) -

1月7日から始まった「草間彌生 永遠の永遠の永遠」も4月8日で終了となりますので、

草月いけばな展の合い間をぬって行って来ました。会場は大阪・中之島の国立国際美術館

KUSAMA.jpg 

 

巨大な入口のモニュメントからして草間ワールドを予感!



国立国際美術館 


大勢の人たちが訪れていましたので、チケット購入にも並んで待つこと数分でしたが、

いろんな年代の方達が来ている感じでした。

 

KUSAMA2.jpg 

作品は無限に繰り返されるかと思う白黒の線画があったり、カラフルでポップな作品があったりとバラエティも多くて自由で楽しい作品群、それに作品が語りかけてくる圧倒的なエネルギーに、生きる喜びを表現しているように感じました。


パンプキン 

 

水玉ワールドには巨大なチューリップのオブジェ。

「チューリップに愛をこめて、永遠に祈る」2011年



Yayoi Kusama 

ルイ・ヴィトンが日本でもっとも傑出した前衛芸術家に出会った。」こちらから。


squirrel_20120102124409.gif e_03_20120102124420.gif

FC2ブログランキングに参加しました。

応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。

バナーの上をポチッと!


 

この記事のURL | Art | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Michael Jackson の映画へ
- 2009/11/13(Fri) -
マイケル ジャクソンの最後のコンサート、リハーサルを収録した映画、「THIS IS IT」を見て来ました。 
当初、2週間の限定上映では見られないかもしれないと思っていたのですが、2週間の上映延長になったことから見ることが出来ました。皆さんはもうご覧になりましたか? 
 
まるでコンサート会場にいるかのような臨場感あふれたドキュメンタリー映画。
気がつくと音に合わせて自然に足でリズムをとっていて、ドキュメンタリーというよりライブ映像と言う感じ
かなと思っていたのですが。
 
映画が進行するにつれ優れたミュージシャンやダンサー達との共演で作り出す作品は、クリエーターとしてのマイケルの完璧なまでのこだわりと、観客に未知の体験をと言うエンターテナーとしてのマイケルの妥協しない強い想いが強く感じられ、やはり最高の人だったなあと感動でした!
マイケルの言葉や、スーパースターなのに謙虚でいつも自然体な様子にマイケルの優しい人柄を感じます。
 

mj4.jpg

 
一つ一つの音や照明、立ち位置などの効果やこだわり、作品に対して妥協しないマイケルの姿勢や愛情が、観客への愛につながると感じ、このマイケルの熱意だけでも十分に感動でした。
シャドーボックスの作品を作りあげるにあたっても、この熱意と姿勢は是非共、見習いたいものです。
 
ステープルセンターで行われた追悼式で配られたプログラムを、出席したSさんより見せていただきました。映画を見終わって、最高のエンターテナーを亡くしたと思うとやはり惜しくて仕方ないです。。。
 

mj5.jpg

 
*お知らせ
テディベアーのカテゴリーが2ページ増えました。こちらからどうぞ。
 
FC2ブログランキングに参加しました。
応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。
バナーの上をポチッと!
 
squirrel_20090623054159.gif e_03_20090623055021.gif
この記事のURL | Art | CM(2) | TB(0) | ▲ top
いけばな展
- 2009/10/09(Fri) -
先週末は第17回草月流いけばなロサンゼルス支部展でした。
 
支部展は1年半から2年に1回の開催ですが、このJapanese American National Museum
「全米日系人博物館」で開催するようになってから今回で5回目です。
それまでは日米文化会館で展示していました。
 
どちらの会場の空間でも自分が活けた花は、完成作品よりも材料調達に奔走したことや会場で製作中の様子の方がありありと思い出されます。
 

japaneseamerican-museum.jpg

 
全米日系人博物館での5つの作品も、やはり製作途中の時間の方が作り手としての想いが強く刻まれています。シャドーボックスも好きな絵柄だと完成へと向かう過程が、面白く夢中になってしまいますので、作る喜びはひとしおです。
 

いけばな展2009

 
いけばなもやはり植物を見て感じた感動がないと、作りたい、表現したい、と湧き上がる気持ちが出てこないのでそれまでは生みの苦しみですが、構成が決まれば後は技術的な事になりますので一歩前進です。
 

ドラゴンウィロー

 
今回使った雲竜柳の仲間のドラゴンウィローは、黄土色の肌が美しく、くねくねとした竜のような枝の屈曲も面白いです。撓めがきくのでどんな形にもなりますが、たくましいのでなかなか跳ね返しも手強かった! 
 
あわせた素材はレッドクローバー、つわぶきの葉、ユーカリの実。
サイト更新がかなり遅々としているので、こちらでUPでした。(すいません)
 

ドラゴンウィロー2

 
*お知らせ
 
クリスマス ボックスカードが3種入荷しました。こちらからどうぞ。
 
FC2ブログランキングに参加しました。
応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。
バナーの上をポチッと!
squirrel_20090623054159.gif e_03_20090623055021.gif
 
 
この記事のURL | Art | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ダンスコンペティション
- 2009/09/12(Sat) -
先週末のダンスコンペティション会場は、ハイアットリージェンシーホテル。
 

Hyatt-Regency.jpg

 
ちょっと早目に家を出て会場に向かいました。もうすでに出場する選手達はロビーに集まっています。世界中から参加する選手も多いようで、ロビーはもう選手達の熱気に溢れていました。
 

lobby.jpg

 
出場するペアー2組もこの日の為にかなり練習しているとは言え、始まる前の緊迫した空気は、見ているだけの私達でも心臓がドキドキしてきます。D君の背番号などダンスだけでなく服装も最後のチェックです。
 

compe1.jpg

 
ロビーで最後の調整をするMさん達ペアー。
二人の華麗な動きと華やかなドレスが風に舞ってとても素敵で、うっとりと見とれてしまいます。
 

compe2.jpg

 
会場内でダンス競技が始まると大勢の出場選手達の華麗な動きで早くも興奮状態ですが、
応援しているペアー達はどこ?と目がうろうろと宙を泳ぎます。
ようやく探し当てると他の選手達は目にも入らず追いかけ続けました。
 
2組共とても見事で素晴らしい踊りだったと思うのですが、残念ながら目指していた上位のクラスには
参加出来ずでした。
 
世界のトッププロ達も集まるハイレベルの大会でしたので、人間の技とは思えないような素晴らしい
プロの踊りも見て感動の6時間!競技が終了したのは夜中の1時近く。
ダンスを見たい為にどうしても立ち見となり、まるで自分も一緒になって踊ったような心地よい疲れと感動!
の帰り道でした。
 
FC2ブログランキングに参加しました。
応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。
バナーの上をポチッと!
squirrel_20090623054159.gif e_03_20090623055021.gif
この記事のURL | Art | CM(4) | TB(0) | ▲ top
Shall We ダンス?
- 2009/08/31(Mon) -
1996年に公開された周防監督の映画「Shall We ダンス?」そして2004年に公開されたリチャードギア主演の「Shall We Dance?」を観た方は多いと思います。皆さんはこの映画をご覧になられましたか?
 
最近、若い2人が社交ダンスの競技会に向けて練習している場で、写真を撮らせていただく機会がありました。
 

dance1.jpg

 
初めての社交ダンスの写真ではどう撮るかもまったくわからず、ほとんどがダメでしたがPCに入れて見ると、中に数枚だけ面白いなと思える偶然の写真がありました。
 

dance2.jpg

 
Embassy Dance Sport Championships 2009に向けてD君、Mさんは忙しい中から時間を作り出して練習の日々です。好きな事に向かって一生懸命頑張っている姿を見ると、若い2人から励まされエネルギーをもらったように感じました。
今週からの競技会では世界中からトッププロが集まり、もちろん日本からもチャンピオンが来るようです。
 
  dance3.jpg dance4.jpg
  dance5.jpg dance6.jpg
 
当日は2組の出場カップルの応援に、観客席から見せてもらえるのをとても楽しみにしています。
社交ダンスにご興味のある方は、こちらのサイトからプロのダンスが動画で見られます。
あなたもShall We Dance?
 
FC2ブログランキングに参加しました。
応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。
バナーの上をポチッと!
squirrel_20090623054159.gif e_03_20090623055021.gif
 
この記事のURL | Art | CM(4) | TB(0) | ▲ top
夏は美術館
- 2009/08/15(Sat) -
暑い夏の過ごし方はいろいろあるでしょうが、夏は日常から離れ美術館の大きな空間でアートと向きあって過ごすのも避暑になるように思います。
 
先日出かけたLACMAはポンペイ遺跡の特別展示をしていたのですが、今回は常設展とインドネシアのテキスタイルが目的でした。
 
以前にペルーの天野美術館で古代の織物や編み物を収納ケースから直に見て、1000年以上も前のその高度な技術に大変驚き感動しました。プレインカの時代に極細の糸で織物を作って暮らしていたかと思うと、遠い昔に想いを馳せたひと時でした。
 

LACMA2.jpg

 
インドネシアのテキスタイルは15~20世紀に織られた物が、90点近く展示されていました。かなり大きな織物が多かったのですが、展示方法や空間構成がとても良く出来ていて、人間の手技ってすごいな!とゆっくり堪能した時間でした。
 

LACMA3.jpg

 
好きなアートをじっくり鑑賞した後は、ギフトショップをのぞくのも女性は楽しみですよね。デッサンするにちょうどいいなとノートと鉛筆をお買い上げ。素敵なデザインなので使うのが嬉しくなります。
 

LACMANOTE.jpg

 
ギフトショップではPop Up絵本もパラパラと見ていたのですが、気になって立ち尽くしてしまいました。
他の見知らぬお客さんともいいね~とちょっと会話が弾みます。
2冊あったので、どちらにしようか悩んだ結果、買ってしまいました。ページをめくる度に、喜んでいます。
機会があれば又ご紹介しますね。
 
*お知らせ
キムヤコブの新柄プリントが入荷しました。こちらからどうぞ。
 
FC2ブログランキングに参加しました。
応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。
バナーの上をポチッと!
squirrel_20090623054159.gif e_03_20090623055021.gif
 
この記事のURL | Art | CM(6) | TB(0) | ▲ top
カフェで待ち合わせをして。
- 2009/04/15(Wed) -
先月のお話ですが友人とカフェで待ち合わせをして、映画を見に行く事にしました。
予定より早く着いたので、カフェ周辺をウロウロしながら階段を上ると、普段の目線と違うので結構新鮮です。鮮やかな黄色がまぶしかったな~。
 

parasol.jpg

 
待つこと数分。友人はいつものカメラを持って現れました。
 

cafe_20090415164405.jpg

 
お茶をしながらの会話は、気心が知れているので弾むこと!
会話が何よりものご馳走で、まるで甘いデザートの様でした。
 

coffee.jpg

 
友人と一緒に見た映画はこちら。
第二次大戦中、マンザナの収容所に禁じられたレンズを隠し持ち、手製のカメラを完成させて、その実態を写した写真家「東洋宮武」がいました。
 

miyatake.jpg

 
東洋と親交があった20世紀を代表する写真家アンセル・アダムスとエドワード・ウェストン。彼らの作品と共に、収容所の真実と日系人の歴史を描く感動のドキュメンタリー。音楽は喜太郎。
監督はロサンゼルスを拠点に映画製作をされるすずきじゅんいち。
この日1日だけでリトル東京のシアターには2000人以上が押し寄せたそうです。
 
現在、東京写真美術館で上映中。
この後、横浜、六本木、大阪で上映。5月以降、全国で公開されます。公式ホームページはこちらです。
  
FC2ブログランキングに参加しました。
応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。
バナーの上をポチッと!
squirrel.gif e_03_20080212133405.gif
この記事のURL | Art | CM(0) | TB(0) | ▲ top
美術館パートⅢ
- 2008/08/30(Sat) -

モダンアートをたっぷり鑑賞した後は、ちょっと一休み。

 

Charles&RayEamesがデザインしたEames Wire Chairsです。スチールワイヤーが太陽の光を浴びて美しく輝いていましたが、ゆっくりのんびりくつろぐには、日陰での方がありがたいというもの。日陰のNorth Plazzaには「ダイヤモンドパターン」と呼ばれるシートデザインの椅子がたくさんありました。今見てきたばかりの作品の数々を思い出しながら、エレガントなEamesの椅子に座って至福のひと時です。

 

north-plazza.jpg

 

さあ、又次のビルに移動です。自分の好きな作家の名画を近くで目にできる事は大変嬉しいものですね。たっぷりと時間をとりすぎて今回のメインイベントが一番後回しになってしまいました。しまった!体力も余り残っていなくて、、、、、

 

今回の「THE AGE OF IMAGINATION」プライスコレクションは伊藤若冲(1716-1800)はじめ、円山応挙、鈴木其一、酒井抱一、長沢芦雪など江戸絵画コレクションとして、作品点数並びに充実度に圧倒される思いでした。 

 

LACMAを訪れる度に、「心遠館」で伊藤若冲はじめ、数々のコレクションを見ていたのですが、これほどまでに数多くの素晴らしいコレクションを一同に見せてもらえると、プライス夫妻の収集への情熱と努力にただ感謝をするばかりです。 

 

price-collection.jpg

 

2006年7月に東京国立博物館で始まった展示も日本各地を回り、最後に最終地ロサンゼルスで2008年9月14日までの展示です。モダンですっきりとした空間構成には日本人の美意識の高さを感じました。鑑賞している方のため息と絶賛のつぶやきが聞こえてくると日本人として誇りを感じました。

 

会場内で好きな絵があったのですが、奇しくもジョープライス氏が1953年、最初にコレクションを始めるきっかけになった絵と、後でわかった時はちょっと嬉しかったです。作品は間近で細部まで鑑賞することが出来て堪能したのですが、こちらのサイトでも見せてくれていますので、再度味わっています。

 

ロサンゼルス在住の方で日本美術と江戸絵画の魅力あふれるプライスコレクションをもし、まだご覧になっていないようでしたら是非、会場に足を運ばれる事をお薦めします

 

FC2ブログランキングに参加しました。
応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。
バナーの上をポチッと!
e_03_20080212133405.gif 
この記事のURL | Art | CM(2) | TB(0) | ▲ top
美術館パートⅡ
- 2008/08/25(Mon) -
LACMA(ロサンゼルス郡美術館)に出かけたのは夏ですが、ぼやぼやしていたらロサンゼルスにも風に秋の気配を感じるこの頃となりました。
Gift Shopで買ったLACMAのポスト・イットノートは色、デザイン、大きさ共にお気に入り。
 

LACMA.jpg

 
South Plazzaから、今年2月に新館としてオープンしたBroad Contemporary art museum へ向います。
 

south-plazza.jpg

 
建物への入り口は林立する赤い柱がとても印象的でした。関西国際空港を手がけたイタリア人建築家レンゾ・ピアノによる設計です。
 

bcam.jpg

 
遊び心たっぷりで巨大なガラス張りのエレベーターにのって、1階から3階まで現代アートを鑑賞です。1階の迷路のような彫刻作品は、歩いて行くに連れ異次元空間に入り込み、感覚を失うかのような錯覚に陥りました。
 

elevator.jpg

 
アンディー・ウォーホール、バスキア 、ロイ・リキテンスタインなどアメリカ代表する作家の作品が、広い空間に贅沢に展示されています。光を一杯取り入れた空間の中では、心ものびのびと開放されるひと時でした。次回もまた続きます。
 

modern art

 
*お知らせ
フレームページをリニューアルオープンしました。詳細はこちらの方からどうぞ。
 
FC2ブログランキングに参加しました。
応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。
バナーの上をポチッと!
e_03_20080212133405.gif 
この記事のURL | Art | CM(4) | TB(0) | ▲ top
夏には美術館
- 2008/08/16(Sat) -
暑い時には美術館で時間を忘れて、アートに触れるのも満足のひと時。
美術館では膨大な収蔵作品すべてを見るのは体力的にも無理なので、自分の中でのその時々のマイブームの気になる作品や、いつもの好きな作家の作品をじっくり鑑賞しています。
 
今回は以前から気になっていたアルベルト ジャコメッティの人体像 
間近で見ると細い彫像なのに手わざとボリュームでとても迫力があります。又独特の奥行きがあり、真横やいろんな角度から離れて彫像を見ると、空間が変わっていくように感じられました。
 

museum.jpg

 
たっぷり作品を鑑賞した後は疲れた体にも、ティーブレイクが欲しいものです。
中庭でのティータイムには席が塞がっていて、待ち時間があったためカフェテリアに。
 

courtyard.jpg

 
美術館でのティータイムは心地よい疲れと共に、満足と幸せの時間を運んでくれました。どちらの椅子もデザインが美しくて思わず撮った1枚です。やっぱり美術館ですね!次回も続きます。
 

cafeteria.jpg

 
FC2ブログランキングに参加しました。
応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。
バナーの上をポチッと!
 
↑可愛いアイコンはComichikoさんからのギフトです。ありがとう♪
 
この記事のURL | Art | CM(2) | TB(0) | ▲ top
記念切手
- 2008/07/11(Fri) -
郵便料金の変遷で滞米生活も長いなと実感することがあります。アメリカに来た当初、一般封書の切手料金は20セントでした。それが今は8回目の改定で42セントです。
 
アメリカの郵政事業は、経費が上がればすぐに料金に跳ね返るとは言え、昨年値上がりしたばかりなのに又の改定です。少し前、美しいお花の記念切手を買って楽しんでいたのに、それもつかの間でした。
 

stamps.jpg


41セントのフォーエバースタンプ(永久切手)を買ったものの、自動引き落としやオンラインでの支払いが増えると、切手を使う事も少なくなっているのですが、、ところが懲りずに又美しい記念切手を買って、毎日眺めては喜んでいます。
 
チャールズ.イームズ氏の生誕100年を記念して先月、作品を印刷した記念切手が発売されました。イームズ夫妻の作品がシートに美しくデザインされています。
 

eames.jpg


ちょうど訪れた美術館では、イームズのプライウッドを使用したLounge Chair Woodのシンプルなデザインの椅子と、ラウンジチェア+オットマンも展示されていました。どこからも見ても美しいデザインとフォルムに、うっとりとため息です。
 

loungechair.jpg

 
*お知らせ
アントンペックプリント20種が、限定入荷しました。
詳細はこちらのページをご覧下さい。
 
FC2ブログランキングに参加しました。
応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。
バナーの上をポチッと!
e_03_20080212133405.gif
この記事のURL | Art | CM(2) | TB(0) | ▲ top
最終日に出かけました。
- 2008/02/15(Fri) -
ロサンゼルス現代美術館(MOCA)で開催されていた、「村上隆 回顧展(C)MURAKAMI」に出かけました。友人は初日に行って中に入るまで1時間並んだそうですが、最終日も入場者が多いのかいつも停めているパーキングが満車。3箇所目でようやくパーキング。
 

MOCA

 
ポップとオタクとを合わせたコンセプトで発表している作品の数々をじっくりと生で見ると、やはりアーティストの伝えようとする迫力が感じられました。目の奥の細部まで書き込んだペインティングスタッフの緻密な仕事や、完璧を求めてスタッフに指示している鉛筆で描いた構図のデッサンや色見本なども展示してあったので見入ってしまいました。
 
等身大のフィギュアや立体作品も怖さや可愛いさが同居して、大人気の様子。子供達のグループは、一生懸命楽しそうに写生をしていました。
 
ISSEY MIYAKEやルイ・ヴィトンとのコラボレーションなどの活動もされているので、会場内には特設ルイ・ヴィトンSHOPもあって、展覧会でしか買えないオリジナルヴィトンバッグも販売していましたが見るだけ!でした。この後、ニューヨーク、フランクフルト、ビルバオを巡る予定。ご興味がある方は、こちらから動画でどうぞ。
 
2年前に薦められて本を読んだ時は、作品をまだ見ていなかったのでもう1回読んでみようかな。
 

murakami


FC2ブログランキングに参加しました。
応援ワンクリックしていただけると、嬉しいです。
バナーの上をポチッと!
e_03_20080212133405.gif
この記事のURL | Art | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |